介護経営支援プラン

サービス内容

いちご会計事務所は介護事業に強い稀な会計事務所です。介護事業に関する雑誌等のメディアの取材や記事の執筆、
各種団体からの介護経営セミナーの講師派遣、セミナーの自主開催等も行っております。
皆様へのサービスは、介護事業のノウハウを余すこと無く提供しています。

サービスは、通常の税務顧問(毎月の記帳内容の検討、試算表作成・分析、申告書等作成)に加えて、
3ヶ月に一回の経営分析のレポートを基に、経営者様と現在の経営状況を確認し経営改善、発展のための経営会議を実施します。
また、この会議のなかで決算対策等も検討し、節税対策、金融機関対策をおこなってまいります。
なお、経営会議は3ヶ月一回ですが、税金、資金繰り、その他介護事業の経営相談についても、いつでもお受けしています。

月次顧問料30,000円(税別)

決算料=月次顧問料×5ヶ月分 消費税申告書=50,000円

  • 公認会計士の社会的信用、福祉に詳しいところがいいです。法人立ち上げの時に協力していただいて、融資もうまくできました。本当に良かったです。(NPO法人 ぷらあな)
  • 毎回、数字の分析をもとにして、経営上の方向性などについて、アドバイスしていただいてます。実質、経営は社長一人ですので、難しい経営判断などについて、よく相談させて頂いております。デイサービスを経営をしてゆく上で、非常に助かっています。(デイサービス R社)
  • 創立前から創業の相談をさせていただいた時からのご縁です。創業時の資金調達についても、よく相談にのっていただいて、想定よりも好条件で、日本政策公庫からの融資がおりました。その後も、毎月の数字を基に、経営上の相談をさせて頂いております。(ケアプランセンター A社)

介護経営支援プランの特徴(2分56秒)

メッセージ

介護保険制度が2000年4月にスタートして以来、制度開始から時間がたっているものの、
未だに新規参入の事業者は多く、日本の数少ない成長産業分野となっています。
しかし一方で、介護事業者のうち、5社に1社が起業して1年以内に廃業しているともいわれています。
廃業する多くの理由は、事業者が利用者にどう接するかといった「介護をどう行うか」を知っていても、
その結果として売上、経費をどのようにコントロールして利益を出し、
「経営をどう事業継続してゆくか」という方法を、知らないためです。
このように自分で経営がわからないという場合、一般的な対策には「自分で学ぶ」か、
「片腕となるパートナーを持つ」かということになるでしょう。しかし、もう一つ対策があります。
それは、経営者の一番身近な専門家である「会計事務所」をどう選ぶかです。
そして、選ぶべき会計事務所は、もちろん「介護に強い」会計事務所であるべきです。

このページの上へ

介護経営支援プラン よくあるご質問

訪問する人はどんな人ですか?

いちご会計事務所は公認会計士および税理士科目合格者が在籍しております。普段はスタッフ職員が通常の会計作業等のやりとりを行い、足立を中心とする資格者がお客様を訪問いたします。この際、経営状況の確認、決算準備、決算説明等を行います。

訪問の頻度はどのくらいですか?

原則、足立をはじめとする資格者が3ヶ月に一回程度訪問します。
また、スタッフ職員は原則的に通常の会計作業等のやり取りをするのみで訪問は行いません。

いつからでも始められるの?

いつでも、決算前であっても対応可能です。思った日から始められます。

サービス提供地域はどこまでですか?

福岡、佐賀、大分、熊本、山口西部とさせていただいております。

初回無料相談実施中!!! 相談可能日程